本文へスキップ

集合住宅であるマンションでは他人の生活音が気になります。

マンションの騒音問題

頭痛のタネ

マンションの騒音問題について考える/頭痛のタネ

マンションに住んでいる方にとって、1番の頭痛のタネは何かと聞くと、騒音問題だと答える人が多いでしょう。 マンションでの生活は共同住宅ですから、近隣の住人、特に下の階に住んでいる人に気を遣って生活 する必要があります。 騒音の被害を受けた側がストレスを感じることは当然ですが、加害者側もクレームを付けることによって ノイローゼに陥るケース多々あり、お互いがストレスを感じて問題となることが 多いようです。 法規制がないため騒音トラブルは非常に難しい問題で、これと言った有効な解決策はありません。 トラブルになったら自分の立場だけで一方的に考えるのではなく、相手側の立場にもなって解決するよう、努力をすることが大切です。 そのためにも、お互いに相談 できる関係を築いておくために、ご近所の方とは日頃から円滑なコミュニケーションをするよう心がけてください。


コミュニケーションの重要性

人それぞれ、家族構成も違いますし、当然ライフスタイルも様々です。もちろん、音の感じ方も人によって異なります。異なる生活習慣、異なる感性を持っている人たちが共同生活をしていくことになりますので、 マンションの住民同士がお互いに理解しあい、迷惑をかけないよう気を配ることが肝要です。しかしながら、いくら騒音を出さないように気をつけていても、生活音というものは必ず発生してしまうものなので、それが耐えられないという状況であれば、当事者同士で一度ゆっくりと話し合い、加害者側に騒音の状況を理解してもらう必要があります。その時に、ご近所付き合いがなく、今までに挨拶もしたことがないような相手だと、話し合いがうまくいかなくなる可能性が高くなります。 挨拶や雑談など、何気ないコミュニケーションでもよいので、日頃からコミュニケーションの重要性を意識し、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。


騒音の種類

騒音の種類には、大きく分けると『空気伝搬音』と『固体伝搬音』の2種類があります。『空気伝搬音』は読んで字のごとく、空気によって耳に伝わってくる音のことです。 『空気伝搬音』における騒音のクレームの主な原因としては、夫婦喧嘩や子供の声、オーディオ類やテレビからの音、ギターやドラム、ピアノ、オルガンなどの楽器から発せられる音があります。『固体伝搬音』は固体によって耳に伝わる振動の音のことです。クレームとなる主な原因としては、子供が飛び跳ねたり、走り回ったり、重いものを落としたりしたときの衝撃音、お皿やコップ、スプーンなどの食器類を床に落としたり、スリッパで歩く音、他にも深夜のシャワーや、トイレの水を流す音などが あります。