本文へスキップ

集合住宅であるマンションでは他人の生活音が気になります。

マンションでの騒音トラブルについて紹介するサイト『マンションの騒音問題について考える』

『マンションの騒音問題について考える』では生活騒音について解説します。

マンションの騒音問題

  • マンションのトラブルで一番多いのが騒音問題です。 集合住宅のマンションは上階の床が下階の天井であるという構造的な特性から、 普通に生活していても上下階の部屋に音が伝わってしまい、ひどくなると 騒音トラブルにもなります。 生活時間やライフスタイル、家族構成などの違いが更に問題を深刻にします。

受忍限度

  • 社会生活を営むうえで騒音や振動などの被害の程度が社会通念上我慢 できるとされる限界点を受忍限度といいます。 基本的には一般生活音ならば受忍限度とされ、これを超えると騒音となり 加害者が違法とされることがあり得ますが、判断が難しいのは受忍限度には 個人差があるということです。 裁判で争う場合には受忍限度が判断材料となるのですが、今のところ 法的な具体的ガイドラインはありません。

防音遮音対策

  • マンションで騒音に悩まされては快適に生活することはできませんし、トラブルに 発展すると被害者だけでなく加害者もストレスを受けることになります。 そうならないためにも防音・遮音対策はきちんと行いたいものです。 コンクリートは50dbも遮音するという大きな遮音材ですが、音には空気を 伝わってくる空気音だけでなく、コンクリートを伝わってくる固体音もあります。 部屋がコンクリートに覆われているわけでもありませんし、さまざまな防音対策 が必要となってきます。
日進市、赤池のマンション
不動産のことならトチスマショップ・赤池店へご相談下さい。
愛知県日進市赤池町村東112番地1
フリーダイヤル:0120-930-677
http://www.tochisma-akaike.com/

騒音とマンション選び

  • 快適なマンション暮らしと騒音の問題は深い関係があります。 騒音が気になる家での生活は落ち着かないものですし、場合によっては騒音で 隣接する住民とのトラブルに発展する可能性もあります。 マンションの購入を考えているのなら騒音のことも考慮して、何階にするかを 決める必要があります。